やるならとことん!ミノキシジルタブレット治療に薄毛・抜け毛の予防と改善

やるならとことん!ミノキシジルタブレット治療に薄毛・抜け毛の予防と改善

いくらミノキシジルタブレットに効果があって薄毛や抜け毛が治るといわれて服用しても、やはり今までいろいろな治療を行って失敗し続けているならとても不安に思うものです。
それならばミノキシジルタブレットを服用しながら、自分でできる薄毛・抜け毛予防と改善を一度徹底的に行ってみましょう

ミノキシジルタブレットの効果があれば、予防・改善は治療の後押しになります。
少し意識すると行えるものから、がっつり行うものまであるので、一度目を通しておきましょう。

習慣を見直そう

生活習慣を見直す

抜け毛や薄毛の原因には生活習慣などの習慣も関係しています。
少しの意識で行える薄毛・抜け毛の予防と改善は、習慣の見直しです。

生活習慣の乱れ

睡眠はきちんと取れていますか
睡眠と毛髪、一見関係ないように思えますが、実は密接に関係しているのです。

髪は睡眠をとっている間に修復されるため、十分な毛髪を得るためには睡眠が欠かせません。
体の組織を修復させる成長ホルモンが毛母細胞に働き、毛母細胞がより活発に動くことで髪の傷みや損傷を修復し、より丈夫な髪へと成長します。
細胞が一番活発に動いているのは22:00~翌2:00までの4時間であり、睡眠後30分ほどで成長ホルモンが分泌され、約3時間後に分泌のピークを迎えます。

最適な入眠時間は21:30頃ですが、遅くても0:00までに入眠できれば効果を得ることが可能です。

喫煙習慣

喫煙を行ってはいないでしょうか
たばこを吸うと、血管が収縮したり硬くなったりして血液が体のすみずみまで届かなくなってしまいます

たばこをやめると、20分後には血圧と脈拍が正常値になり、2週間後には心臓や血管などの循環機能が改善されます。血管が正常になれば血流もよくなり、頭皮を含めた体のすみずみまで栄養のある血液を運ぶことが可能です。

ストレス

人はストレスを感じると筋肉が縮小して血行が悪くなるといわれています。
そのためできるだけストレスのない環境に身をおき、もしストレスを感じたとしても自分なりのストレス発散法を持っておきましょう。

オススメのストレス発散法は運動です。運動をすると収縮している筋肉がほぐされ、ストレス反応が弱くなっていきます。また運動をすると血流がよくなり体のすみずみまで血液が運ばれるため、1石2鳥というわけです。

食事

バランスのいい食事

髪の毛を増やすならわかめや昆布などの海藻を食べるといい、と昔からいわれていますが、それはとても理にかなっています。
海藻以外にも、食事によって毛髪のハリやコシをよくできるのです。

得たい栄養 効果 食材
たんぱく質 髪の成分ケラチンの元となるアミノ酸が得られる 肉、魚、卵、乳製品など
ヨード 血流をよくしたりする甲状腺の働きを助ける わかめ、昆布、ひじきなどの海藻類
ビタミン 血行をよくしたり頭皮の新陳代謝を促す 緑黄色野菜、ナッツ類、柑橘類、豚の赤身、レバーなど
コラーゲン 髪のツヤやハリをよくする れんこん、豚肉、豚足、牛すじなど

これらの栄養をバランスよく摂取するというのが重要です。
毛髪にとって重要な栄養だからといって摂りすぎてしまうと、欲しい栄養素だけを取り入れるというのは難しく、余分な栄養素も摂取してしまいます。何事も適量が一番なのです。

まとめ

まとめ

ミノキシジルタブレットを服用しながら生活習慣を見直し、髪に栄養のある食事をバランスよく摂ると、血管が健康的になり、栄養をたっぷり含んだ血液を頭皮のすみずみまで余すことなく行き渡らせることができます。
そうなると毛髪は十分に栄養を得られ、コシやハリのある丈夫な毛髪へと変わっていくのです。