ミノキシジルタブレットが代行通販サイトから購入できるワケを大解剖

ミノキシジルタブレットが代行通販サイトから購入できるワケを大解剖

医薬品が購入できる場所と聞くと、病院か薬局またはドラッグストアが出てくるかと思います。
しかしその他にも代行通販サイトから個人輸入をして購入することもできるんです。

ミノキシジルタブレットも代行通販サイトから購入できる医薬品の1つ。
なぜミノキシジルタブレットは代行通販サイトから購入できるのか、そのワケを徹底解剖していきます!

ミノキシジルタブレットは海外からしか購入不可能?

ミノキシジルタブレットを購入できるのは海外だけ

医薬品はそれぞれ種類によって購入できる場所が違います。

医薬品の種類 国内承認 購入できる場所
医療用医薬品 あり 病院、薬局(処方せん必須)、個人輸入
医療用医薬品 なし 個人輸入
一般用医薬品 あり 病院、薬局(処方せん不要)、
ドラッグストア、通販、個人輸入
一般用医薬品 なし 個人輸入

医療用医薬品・一般用医薬品に関わらず、承認を得ていない医薬品は個人輸入からしか購入できないことがわかります。
ミノキシジルタブレットはまだ国内販売の承認を得ていません。そのため海外からの個人輸入をして購入するしかなく、国内では購入できないのです。

ミノキシジルタブレットの個人輸入について合わせて読んでおきたいのが「知らなきゃ損する?ミノキシジルタブレット通販に関わる法律」。

Amazon・楽天は購入NG

海外から個人輸入する通販サイトから購入できるなら、Amazonや楽天からも購入できるんじゃない?と思われがちですが、ミノキシジルタブレットはAmazonや楽天からは購入できません

【Amazonの検索結果】
Amazonの検索結果
【楽天の検索結果】
楽天の検索結果

なぜAmazonや楽天からはミノキシジルを購入できないのでしょうか。
そのワケは「日本国内では国内未承認薬を購入できない」としている薬機法にあります。

Amazonや楽天では準拠法(そのサイトが従う法律)を日本国憲法としています。
そのため日本国憲法である薬機法はAmazonや楽天に適応されるため、国内未承認薬であるタダシップをAmazonや楽天から購入できないのです。

ミノキシジルタブレットの購入可能なサイトの仕組み

代行通販サイトの仕組み

ミノキシジルタブレットの購入が可能な代行通販サイトですが、その購入の仕組みには購入可能かどうかに関わる重要なポイントがあります。

商品が海外から“直接”届く

国内未承認薬であるミノキシジルタブレットは、海外からの個人輸入でしか購入できません。
個人輸入とは海外から“直接”商品が届く仕組みであり、商品発送の際に海外業者と輸入者の間に日本国内の業者が入ってはいけないことになっています。

ミノキシジルタブレットの購入が可能な代行通販サイトは、購入のお手伝いをするだけであり、商品の発送に関しては関与しません。
そのため購入後に海外から“直接”商品が届く代行通販サイトからは、購入が可能なのです。

OKの代行通販サイトの仕組み

こんなサイトは購入NG

個人輸入のお手伝いをする代行通販サイトですが、次のような仕組みになっている代行通販サイトは法律に違反しているサイトとなります。

NGな代行通販サイトの仕組み

上の画像では輸入者が代行通販サイトに対し注文と代金の支払いを行い、それを受けた代行通販サイトが外国の業者に取りまとめた注文と取りまとめた支払いを行っています。ここまではなんの違反もないためOKです。

しかし注文と代金を受け取った外国の業者は商品を代行通販サイトへと発送し、届いた商品を代行通販サイトから輸入者へと発送しています。
そうなると代行通販サイトが外国の業者から商品を買い付け、輸入者へ販売を行っていることになってしまいます。
これは個人輸入のポイントである海外から“直接”商品が届くという点に反しており、また薬機法にある国内未承認薬の国内販売不可にも違反していることになるのです。

違反しているサイトと知りながら購入すると場合によっては罰則を受ける可能性があるため、商品が海外から“直接”発送されていないサイトからはけっして購入を行わないようにしましょう。

ミノキシジルタブレットをきちんと購入できるサイトの選び方を詳しく知りたい人は「サイト選びが分かれ道!リアルミノキシジルタブレットを手に入れよう」を確認しましょう。