知らなきゃ損する?ミノキシジルタブレット通販に関わる法律

知らなきゃ損する?ミノキシジルタブレット通販に関わる法律

ミノキシジルタブレットは、代行通販サイトを利用して個人輸入から購入すると簡単に手に入れられます。
そんなミノキシジル通販にはさまざまな法律が関わっており、その法律を知らずに購入すると、自分の手元に届かないなんてことになりかねません。

ミノキシジルタブレット通販に関わる法律を知り、しっかりとミノキシジルタブレットを手に入れましょう。

代行通販からミノキシジルタブレットが買えるのはなぜ?

薬機法において、医薬品の販売の可否は次のようになっています。

医薬品購入の可否の図

医療用医薬品は病院または処方せんがある場合のみ薬局から購入でき、一般用医薬品は病院や薬局、ドラッグストア、通販とどこからでも購入できます。しかし未承認薬は国内で承認されていないこともあり、国内で取り扱うことはでず購入できません。

ミノキシジルの外用薬は一般用医薬品であるため、病院だけではなくドラッグストアや通販からも購入できます。
しかしミノキシジルの内服薬であるミノキシジルタブレットは、国内未承認薬であるため、薬機法によって国内で取り扱えず購入できないのです。

ではなぜ代行通販サイトからは購入できるのでしょうか。

国によって認められている

日本では多くの新薬が承認を受けていますが、全世界で多くの種類があるジェネリックはあまり承認されていません。

国内から購入できる新薬だけで治療を行うと治療費が高くなってしまい、長期的な治療が難しくなってしまいます。またジェネリックを試そうにも国内で購入できる種類は限られており、自分に合う薬を見つけられない可能性もあります。

そうした理由により、自己責任のもとで医薬品を海外から個人輸入することは国によって認められているのです。

個人輸入の守るべきルール

守るべきルール

代行通販サイトからの購入は個人輸入によって行われますが、個人輸入には守らなければならないルールがあります。
このルールは厚生労働省によって定められており、守らなければ違反にあたったり商品を没収されてしまったりします

ミノキシジルタブレットを購入する前に、ルールをきちんと確認してルール内で個人輸入を行いましょう。

すべて自己責任

個人輸入で海外から医薬品を購入することは国によって認められていますが、決して推奨しているわけではありません。
そのため個人輸入は自己判断のもとで行われるものとされており、個人輸入で起こったすべての出来事は自己責任となります。

たとえ業者との発送トラブルや副作用が出てしまっても、それらは自己責任となってしまい行政などに頼れません。
そうならないためにも利用するサイトを吟味し、購入前にミノキシジルタブレットについてきちんと調べておきましょう

転売・譲渡の禁止

個人輸入とは「外国の製品を個人で使用することを目的として、海外の通信販売会社、小売店、メーカーなどから、個人が直接購入すること」とされています。

そのため輸入した商品は自分だけで使用しなければならず、第3者に販売したり譲渡したりしてはいけません
また第3者と共同で輸入するのも禁止です。個人輸入は“個人が直接購入すること”とされているため、1度に2人分以上は購入できず、それぞれで個人輸入を行わなくてはなりません。

購入できる個数

個人輸入で1度に購入できる量には限りがあります。

◆外用薬:標準サイズで1品目24個以内
*外用剤・・・軟膏などの外皮用薬、点眼薬など
*処方せん薬・・・有効で安全な使用を図るため、医師による処方が必要とされる医薬品
◆毒薬、劇薬または処方せん薬:用法用量からみて1ヵ月分以内
◆上記以外の医薬品・医薬部外品:用法用量からみて2ヵ月分以内

ミノキシジルタブレットは未承認薬であるため、どこに部類するかは定かではありません。しかし同じ有効成分が使用されている前立腺肥大症の治療薬などは処方せん薬に部類されているため、用法用量からみて1ヵ月分以内の購入が安全です。

し定められた数量以上の輸入が発覚した場合は税関で没収されてしまうため、お金と労力のムダになってしまいます。
個人輸入では定められている数量を守ってミノキシジルタブレットを購入しましょう。