一生毛が生えない!?ミノキシジルタブレットで早めの治療を行うワケ

一生毛が生えない!?ミノキシジルタブレットで早めの治療を行うワケ

ミノキシジルタブレットはミノキシジルの外用薬同様に、抜け毛や薄毛といった症状のあるAGAに対して効果のある治療薬です。
しかしミノキシジルタブレットでのAGA治療は、早めに行わなければ一生毛が生えてこない可能性があります。

なぜ生えてこないのか、どうしたら丈夫な毛髪を手に入れられるのかを、ミノキシジルの効き方と一緒に見ていきましょう。

ミノキシジルには2種類ある

2種類のミノキシジルタブレット

ミノキシジルには外用薬と内服薬の2種類があります。

外用薬 内服薬
メリット ・狙った場所に効果を得られる
・病院、通販どこでも取り扱っている
・頭皮全体にムラなく効果がある
・効果が得やすい
・皮膚トラブルがない
デメリット ・かゆみや発疹が副作用として出る
・べたつき、においがある
・効果にムラがある
・購入は基本的には個人輸入から
・副作用が出やすい

外用薬は塗って効果を得るため、ピンポイントの治療が可能です。また経皮吸収であるため吸収される成分量に限りがあり、副作用を起こしにくいという特徴があります。

内服薬は服用して体内から効果を得るため、頭皮全体に効果が行き渡りムラのない治療が可能です。また体内から吸収されるため、成分はすべて吸収され外用薬より効果が出る確率が高くなります

治療範囲が狭く副作用を必ず避けたいという人は外用薬治療範囲が広く効果を得たいという人は内服薬がオススメなのです。

ミノキシジルの効果

ミノキシジルタブレットの効果

ミノキシジルタブレットは抜け毛や薄毛の症状に効果をあらわします。
抜け毛や薄毛は、毛髪に十分な栄養が行かないことで栄養不足となり、毛髪が成長せず細いまま抜け落ちてしまうことで起こります。

そんな毛髪の状態でミノキシジルタブレットを服用すると、毛髪に十分な栄養を届け、太くコシのある毛髪を作り出すことが可能です。

ミノキシジルの効き方

毛髪へと栄養が行かない原因は、血管が収縮している状態にあります。
血管が収縮していると体の末端まで血液が回らず、血中にある栄養を運べません。毛髪は頭皮の末端にあるため、血管が収縮していると栄養を含んでいる血管がめぐりにくくなり、十分な栄養を得られずに成長できないのです。

ミノキシジルタブレットにはミノキシジルという有効成分が含まれており、ミノキシジルは血管を拡張して血のめぐりをよくする作用があります。
その作用は全身でおこるため頭皮でもその作用が起こり、頭皮の血管が拡張されて栄養が含まれている血液がすみずみまでいき渡ります。
すると毛髪は血液から十分な栄養を得て成長できるため、太くコシのある毛髪へと成長できるのです。

効果を得られるまでの期間

効果を得られるまでの時間

ミノキシジルタブレットを服用後、効果があらわれるまでには3~6ヵ月ほど時間がかかります。
ミノキシジルは今生えている毛髪ではなく、今から生える毛髪へと栄養を供給します。そのため効果があると実感するのは、新しい毛髪が生えてきた後であり、それが約3~6ヵ月ほどなのです。

最低でも6ヵ月は様子をみて、6ヵ月以上過ぎてもAGAの進行が止まったり、丈夫な毛髪が生えてくるといった効果が見られない場合は、服用を続けても効果を得られる可能性は低いため服用は中止しましょう。

AGAの治療は早めが大事!

毛髪の成長に血管はとても重要になっています。
しかしAGAの場合、血液がなかなか頭皮まで運ばれず、運ばれたとしてもその量は少ないため、だんだんと血管が収縮していってしまいます。
だんだんと収縮していった血管は、最終的には血液が運ばれてこなくなり、その機能を失ってしまうのです。

ミノキシジルタブレットは死んでいる血管には作用せず、そこから毛が生えてくることはありません。
1度死んだ血管を再生させるのはとても難しく、再生医療に頼るしかないのです。
しかし再生医療で完全に毛を生やすためには多額の費用が必要となってきます。
それに頼るよりは、安く購入できるミノキシジルタブレットを服用してAGA治療を行った方が安くすみます。

ミノキシジルタブレットによるAGA治療は、血管が死んでしまう前に早めに行う必要があるのです。
「最近抜け毛が多いぞ」「ちょっと頭髪が薄くなってきたかな」と少しでも気づいたらミノキシジルタブレットを服用するようにしましょう。