薄毛・抜け毛の仕組みを知ってミノキシジルタブレット治療の効率化を図ろう

薄毛・抜け毛の仕組みを知ってミノキシジルタブレット治療の効率化を図ろう

薄毛や抜け毛がどういう仕組みでおこっているのか気になったことはないでしょうか。
それを知ると、いかにミノキシジルタブレットの服用が治療に効果的で、効率のいいものかがわかります。

ヘアサイクルと頭皮環境をもとに薄毛や抜け毛の仕組みを知り、ミノキシジルタブレット治療に励みましょう。

毛髪が育つのに大事なヘアサイクル

ヘアサイクル

毛髪はヘアサイクル(毛周期)に沿って成長していきます。
ヘアサイクルは【成長期】【退行期】【休止期】の3期間のことをいい、これらを3~6年かけて毛髪は一周します。

毛髪の名称一覧

【成長期】2~6年程度
細胞分裂を活発に繰り返し、成長していく期間です。
毛母細胞が毛乳頭から栄養を吸収して細胞分裂を繰り返すことで、毛が成長しはじめる期間を成長初期といいます。頭皮から出て成長を繰り返していく期間を成長後期といい、一番活発で一番長い期間です。

【退行期】2週間程度
毛の成長が止まり毛乳頭から離れるまでの期間です。
毛母細胞の細胞分裂が止まり、毛髪と毛乳頭の結合が弱まっていきます。毛髪と毛乳頭が離れると細胞分裂も止まります。

【休止期】3~4ヵ月程度
毛が抜けて新しい毛母細胞の細胞分裂が始まるまでの期間です。
毛が毛乳頭から完全に離れているため、いつ頭皮から抜けてもおかしくありません。髪を引っ張ったり、くしでといたりするだけでも抜け落ちます。

AGAのヘアサイクル

通常は2~6年程度ある成長期が、AGAを発症すると数ヵ月~1年と短くなってしまいます。
成長期が短いと毛髪は十分に成長しないまま抜けるため、細い状態で抜け落ちてしまいます
また毛が抜け落ちたあと休止期にとどまる毛乳頭が増えるため、生えている毛は細いまま早く抜け、毛が生えてこない部分もあるため、抜け毛や薄毛が増えるのです。

そうした中ミノキシジルタブレットを服用すると、血流をよくして栄養を運ぶため休止期から成長期、成長期の間に力を発揮し毛に栄養を与えるため、短い成長期の間でも毛が十分に育つのです。

実は大事!頭皮環境

最重要の頭皮環境

ヘアサイクルもさることながら、頭皮環境も丈夫な毛が育つ上で大事になってきます。
頭皮環境を悪くさせる習慣は次の通りです。

・生活習慣の乱れ
・食生活の乱れ
・喫煙習慣

●生活習慣の乱れ
睡眠不足→疲れが取れずに血行不良をおこし、毛髪に栄養がいかない
睡眠中に毛の成長が促されるが、それがなくなる

●食生活の乱れ
脂っこい食事→脂質の分泌が増え、毛穴に溜まる
ジャンクフード→栄養がないため、毛髪に栄養がいかない

●喫煙習慣
ニコチン→血管を収縮させる作用があるため、栄養のある血液が毛髪へ届きづらい
一酸化炭素→動脈硬化になりやすく、栄養のある血液が毛髪へ届きづらい
血中のヘモグロビンと結びつくため、頭皮に酸素が運ばれにくい

血管が硬かったり小さくなったりしているため、栄養や酸素を含んでいる血液を毛髪へと運べず、頭皮環境が悪くなっていきます

ミノキシジル外用薬は塗るタイプであるため、部分的かつ効果にムラが出てしまいます。
ミノキシジルタブレットは服用タイプであるため、頭皮全体の血管拡張・血流増加をムラなくおこない栄養を運べるため、頭皮環境をよくできるのです。