ミノキシジルタブレットが効くAGAとは?ほかに治療法はあるの?

ミノキシジルタブレットが効くAGAとは?ほかに治療法はあるの?

抜け毛や薄毛がひどくなってきたからミノキシジルタブレットを飲もうとしてはいないでしょうか。
ミノキシジルタブレットはAGAの治療薬。
そのため、AGA以外の原因には基本的に効果はありません。

自分の抜け毛や薄毛はAGAが原因なのか、それともほかに原因があるのかをきちんと知ったうえで、ミノキシジルタブレットを服用しましょう。

また、ミノキシジルタブレット以外にもどういった治療法があるのかもまとめてみました。

ミノキシジルタブレットが必要なAGAは男性ホルモンが原因!

THE男性ホルモン

AGAとはAndrogenetic Alopeciの略で、日本では男性型脱毛症といいます。
字を見てわかる通り男性に多い脱毛症であり、日本国内における男性のAGA発症率は、20代で約10%、30代で20%、40代で30%、50代以降で40数%、全年齢平均で約30%と報告されています。
男性ならば誰でもなり得る脱毛症であり、若くてもなったしまう可能性は大いになるのです。

症状がおこるのには男子ホルモンが関係しています。
AGAは、酵素「5αリダクターゼ」と男性ホルモン「テストステロン」が結合してできる、男性ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」によって引き起こされます。

生成されたDHTは毛乳頭細胞にある男性ホルモン受容体と結合。すると、毛乳頭細胞は毛髪へと頭皮から抜けるように命令を出してしまいます。
命令を受けた毛髪はたとえ成長期にあったとしても退行期→休止期へと移行するため、通常は2~6年ある成長期が、数ヵ月~1年にまで短くなってしまいます。
すると、成長しないまま退行期や休止期へと移行する毛髪が増えるため、抜け毛や薄毛が目立つようになるのです。これがAGA。

AGAは成長期にある毛髪に対してより栄養を届けることで成長を促したりミノキシジル)、5αリダクターゼの活動を阻害してDHTの生成を減少させることで根本的治療フィナステリド)を行ったりします。

あなたのAGAはどのタイプ?~M字型・O字型・U字型~

AGAにはM字型・O字型・U字型の3種類があります。
あなたはどのタイプでしょうか。

ハゲの進行図

・M字型
M字型
額の両端がだんだんと後退していき、上からみるとM字になっているタイプ。AGA患者の中で一番多く見られるタイプです。
5αリダクターゼが額の生え際に多く見られることから、DHTが生成されやすく、抜け毛や薄毛が出やすいのです。

・O字型
O字型
頭頂部が抜け毛や毛髪の軟弱化によって薄くなっていき、上からみるとO字になっているタイプ。
自分ではなかなか気づきにくく、人からいわれて気づくパターンが多いため、抜け毛の多さや毛髪の弱りぐあいが気になる人は定期的に確認を行いましょう。

・U字型
U字型
生え際が後退していったり、それにプラスして頭頂部も薄くなっていったりして、上からみるとU字になっているタイプ。
生え際+頭頂部とWで薄くなっていくこともあるので、注意が必要です。

AGA以外にもあるミノキシジルタブレットが効く抜け毛や薄毛

脱毛症には、AGA以外にもさまざまな種類があります。
男性がよく発症する脱毛症は次の通りです。

・男性型脱毛症(AGA)
・脂漏性脱毛症
・円形脱毛症

・男性型脱毛症(AGA)
男性ホルモンが原因で抜け毛や薄毛が多くなる脱毛症。
5αリダクターゼの量が関わってきますが、生活習慣や喫煙などによって引き起こされることも。

・脂漏性脱毛症
脂質の過剰な分泌によって、フケが出て毛穴に詰まることで炎症。それにより抜け毛が多くなる。
食生活や生活習慣、シャンプーの流し不足などで起こる。

・円形脱毛症
髪が突然円形や帯状に抜けていく脱毛症。リンパ球が自分の毛根を敵と判断し、攻撃することで抜け毛がおこります。
ストレスが原因といわれていますが、医学的原因は今のところわかっていません。

これらの中でミノキシジルタブレットに効果的なのはもちろんAGA。円形脱毛症は治療とまではいきませんが、発毛・育毛の補助としての利用はOKです。脂漏性脱毛症の場合、ミノキシジルを服用しても頭皮環境を整えなければ意味をなしません

ミノキシジルタブレット以外の治療法はこれだ!

AGAの治療法はこれだ!!

AGAの治療方法にはいくつか種類があります。

・外科的治療法
・外用療法
・内服療法

・外科的治療法
植毛や増毛といった施術が必要な治療。
植毛は自分の後頭部などの毛髪を移植するため自然な仕上がりになり、増毛は体への負担が少ないといったメリットがあります。
その反面、施術費用が50~100万円前後と高かったり、増毛の基礎となる自毛が抜ければ人工毛も一緒に抜けてしまったりなどといったデメリットもあります。

・外用療法
HARG療法やメソガンなどの直接頭皮へと成長因子や発毛成分を注入する治療。
施術時間が短かったり、回数が少なかったりするため、体への負担が少ないといったメリットがあります。
しかし、値段が1回6~8万円前後と高かったり、発毛してもやはり年齢とともに薄毛にはなっていったりとデメリットもあります。

・内服療法
ミノキシジルタブレットやプロペシアなどといったAGA治療薬や発毛薬などを服用する治療。
1ヵ月あたりの値段が1万円以下と安く、服用方法も簡単といったメリットがあります。
しかし、抜け毛や薄毛が気になる間は服用し続けないといけないというデメリットもあります。

ミノキシジルタブレットでの治療が1番簡単で1番お得!

AGAの治療方法はさまざまですが、オススメなのは代行通販サイトから治療薬を購入して服用する方法

外的治療法や外用療法は1回の施術が高く、ものによっては複数回行わなければなりません。
定期的なメンテナンスが必要だったり、抜け毛や薄毛が再発する可能性もあるのです。

しかし、ミノキシジルタブレットなどの服用は服用方法が簡単であり、代行通販サイトから購入するとさらに安く購入できます。
そのため継続的に服用したとしても治療費を安く抑えられ、服用している間は毛髪の量を保てるのです。