ミノキシジルタブレット服用3ヵ月で効果を実感できるワケとは?

ミノキシジルタブレット服用3ヵ月で効果を実感できるワケとは?

ミノキシジルタブレットを服用すると、早い人だと3ヵ月、遅くても6ヵ月には9割以上の人が効果を実感しています。

抜け毛や薄毛は見た目に大きく関わってくる問題なので、多くの人はできるだけ早く効き目を得たいもの。
しかし3ヵ月~6ヵ月となると少し遅いようにも思えます。
その焦りがストレスとなり抜け毛や薄毛の進行が進んでしまう、なんてことも。

ミノキシジルタブレットがヘアサイクルのどの段階で効果をあらわしているのかを知ると、効果を実感できる時期に納得がいくものです。
ミノキシジルタブレットとヘアサイクルの関係を知り、心に余裕を持ってAGA治療に挑みましょう。

ミノキシジルタブレットが必要なAGAのヘアサイクル

空に描かれるサイクル

毛髪にはヘアサイクルという周期があります。
「成長期」→「退行期」→「休止期」→「成長期」と順序よくまわることで、髪の毛は成長して抜けていき、また新しい髪の毛が生えていくのです。

ヘアサイクルは通常時とAGA時とではその周期の長さが変わってきます。

通常時(3~6年) AGA時(1年程度)
2~6年

2週間程度

3~4ヵ月
成長期

退行期

休止期
数ヵ月~1年

2週間程度

休止期

退行期や休止期は通常時もAGA時も同じ長さですが、髪のボリュームや質に重要な成長期は通常時だと2~6年と長期間あるのに対し、AGA時では数ヵ月~1年と極端に短くなっています。
また、成長期が短いということは、その分早く退行期や休止期へと移行します。

成長できる期間が短くなることで、毛髪1本1本の太さや質が落ちていき、退行期や休止期にとどまる毛髪が多くなることで、抜け毛や薄毛が目立っていくのです。

ヘアサイクルとミノキシジルタブレット

ヘアサイクルとミノキシジル

AGA時にミノキシジルタブレットを服用すると、どの段階で効果をあらわして毛髪を太く質のいいものへと変化させるのでしょうか。

ヘアサイクル

ミノキシジルタブレットの有効成分であるミノキシジルが作用するのは、休止期から成長期へと移行する時と、新しい毛髪が成長する時です。

休止期から成長期
休止期から成長期にかけては、新しい毛髪の発毛を促進します。
AGAの場合、休止期に入った毛包は新しい毛髪を作りにくくなります。そのため、そのまま毛が生えてこず、毛包も機能を失いそこから一生毛が生えてこないことも。
それを防ぐのがミノキシジルなのです。

新しい毛の成長期
新しい毛髪が生えた時、ミノキシジルはその毛髪の育毛を促進します。
AGAの場合、成長しようにも栄養が足りず、毛が成長しきらないまま早めに退行期へと移行させられます。
ミノキシジルはそのごくわずかな成長期に、栄養を毛髪へと運んで毛髪を成長させるのです。

フィナステリドをプラスすれば成長期間がUP!

ミノキシジルタブレットは、限られた時間の中で毛髪の発毛や育毛を促します。
しかし発毛や育毛の度合いにも限界があります
そこで成長期の期間をのばす(もとに戻す)作用を持っているのがフィナステリド

AGAでは、男性ホルモンが毛乳頭細胞にある男性ホルモン受容体と結合することにより、成長期にある毛髪に対して退行期や休止期へと移行するよう信号を出すことで、成長期の期間が短くなります

フィナステリドは根本となる男性ホルモンの発生を防ぐ作用があるため、毛髪は退行期や休止期への移行信号を受け取ることなく、通常どおり2~6年の成長期を過ごせるのです。

そのためフィナステリドとミノキシジルを同時に摂取すると、フィナステリドで成長期をのばしミノキシジルで成長を促せるため、より太く質のいい毛髪を手に入れられるのです。

ミノキシジルタブレットの臨床試験とヘアサイクル

実験をする女性

ミノキシジルタブレット自体の臨床試験は行われていないため、同じミノキシジルを有効成分に使用している外用薬「リアップ」の臨床試験を見てみましょう。

リアップの臨床試験データ
引用:大正製薬

ミノキシジルを配合しているリアップを使用すると3ヵ月後には約5割の人が、6ヵ月後には約9割の人が効果を実感しています。

ミノキシジルは休止期から成長期への発毛時や、成長期にある毛髪への育毛時に効果を発揮します。

そのため、ミノキシジルの使用開始時には休止期にあった毛髪は、3ヵ月後には発毛が行われ成長期へ、6カ月後には成長期中盤へと移行。
成長期にあった毛髪は、3カ月後には成長期中旬または成長期終盤へ、6カ月後には成長期終盤または退行期へと移行します。

ヘアサイクルの関係上、3~6ヵ月の間で毛髪が生えて成長していくため、効果が感じられるのはミノキシジルの使用をはじめて3~6ヵ月後となるのです。